本ページはプロモーションが含まれています

叶匠壽庵の福袋2024の中身ネタバレ!予約開始日や購入方法について!

福袋

素材にこだわった和菓子の名店、叶匠壽庵(かのうしょうじゅあん)の福袋2024

毎年ずっしりとした重量感のある福袋が販売されています!!

中身のネタバレがとても気になります!

また、予約や購入方法などもチェックしたいところですね。

そこで今回は叶匠壽庵の福袋2023について、中身ネタバレと、予約開始日、購入方法などを調べてみました!

叶匠壽庵の福袋の予約・購入方法について!

2024年の福袋予約情報はまだ発表されていません。

ですので、これまでの情報から予想していきます!

購入方法は、オンラインの予約販売web事前予約で店頭受け取り店頭での直接購入の3つです。

【2022年の福袋予約開始日】

阪急百貨店公式通販サイト(阪急うめだ本店受け取り分)……2021年11月30日18:00から
近鉄百貨店……12月1日から

昨年は上記のようになっているので、

2024年も11月下旬から予約開始すると思われます。

 

予約には会員登録が必要です!

事前に登録しておくと、予約開始日にスムーズに予約できます。

また、メルマガなどで情報が送られてくるので、予約情報もキャッチしやすく便利です!

初売り時に買えるかハラハラしながら並ぶことを思うと、予約できるのはありがたいですね!

予約販売の方は、早いうちに完売してしまうことがあるようなので、購入は早めにした方が良さそうです。

叶匠壽庵の福袋の中身ネタバレについて!

これまでの福袋の中身ネタバレを紹介します!

2022年の福袋!


↑中身は

  • あも(こしあん) 1296円×1本
  • 閼伽井(黒蜜きなこ) 216円×2個
  • 閼伽井(抹茶) 216円×2個
  • 栗山家 270円×3個
  • 深山守 216円×2個
  • 白姫冬餅(白×2個、蓬×2個、金胡麻×1個) 162円×5個
  • おみくじ付き干支飾り(寅)
  • シュパット(エコバッグ)

で、価格:3240円だったようです。

丹波大納言小豆の餡の中に、とろけるような求肥が入った羊羹のような和菓子「あも」は、生誕50周年記念に販売された、こしあんバージョンだったそうです。

冬限定の白姫冬餅は軽く焼くと香ばしくなるようです。

焼き色がついていると、さらに美味しそうです。

 

2021年の福袋!

↑中身は、

  • あも 1本
  • 閼伽井(黒蜜きなこ) 2個
  • 栗山家 2個
  • 穀萬代(黒みつ) 270円×3個
  • 柚子羹 3個
  • おみくじ付き干支飾り(丑)
  • シュパット

でした!

価格:3240円だったそうです。

穀萬代(こくまんだい)という名前の胡麻豆腐は名物なのだそうです。

胡麻豆腐が叶匠壽庵で販売されていることを初めて知りました。

というか、胡麻豆腐は和菓子屋さんにあるのですね。

料理長に代々受け継がれてきたものを、さらに研究をかさねて販売することになったそうです。

奥深い味がしそうです。

普段は限定の店舗での販売なのだそうで、入っていたら嬉しいですね。

2020年の福袋!

  • あも 1本
  • 閼伽井(黒蜜きなこ) 2個
  • 栗山家 2個
  • 標野 216円×4個
  • 季折 249円×2個
  • ぜんざい 2個
  • おみくじ付き干支飾り(子)
  • シュパット

 

ぜんざいが入っていることもあるようです。

季節感があっていいですね。

叶匠壽庵の2024年の福袋の中身は?

2024年の福袋はまだ販売されていませんので、これまでの中身から予想していきます!

毎年、お菓子5、6種類と、おみくじ付き干支飾りシュパットが入って、3000円ほどの価格です。

ですので、今回も同じ形なのではないかと思います。

 

必ず入っているお菓子1つ目は、「あも」です!

こらが1本入っているから購入するという方も多いようです。

ですので、ロングセラーの銘菓「あも」は「つぶ餡」のものが1本入ると思います!

蓬バージョンは季節限定ですが、叶匠壽庵あもや伊勢丹新宿店では通年あるようなので、蓬バージョンが入ってきたら面白いですね。

 

必ず入っているお菓子2つ目は、「閼伽井(あかい)」です。

「黒蜜きなこ」と「抹茶」の2種類が入ってる年と、「黒蜜きなこ」1種類の年があります。

2022年は2種類入っていたので、今年は「黒蜜きなこ」1種類なのではないかと予想します!

 

そして、必ず入っているお菓子3つ目は、「栗山家」です。

他の内容によって個数は変わるようですが、2個は必ず入っていたので、今年も栗山家が2個は入っていると思います

 

その他のお菓子は、過去にさかのぼると「ぜんざい」が入っていることが多かったようです。

そろそろ「ぜんざい」がくるかもしれません。

そこに華やかな標野を入れたらバランスがよさそうです。

季折をプラスしたら、2020年と丸かぶりでした。

数年前に「香煎茶」という昆布茶をベースにしたお茶が入っていたこともあるそうです。

個人的にはとても気になります。

 

ここ数年は、エコバッグのシュパットが1点入っています。

叶匠壽庵のロゴが入ったタグがついているようです。

さっとたためて、お買い物にもとても便利ですね。

今年もシュパットは入っていると予想します!

おみくじ付き干支飾りは、集めたくなりますね!

叶匠壽庵の福袋の再販はあるの?

これまで叶匠壽庵の福袋は再販されていないようなので、可能性は低いと思われます。

店舗によっては、予約のキャンセル分が追加販売されることもあったようなので、情報をマメにチェックすると良いかもしれません。

↓叶匠壽庵の店舗一覧はこちらから見ることができます。

店舗一覧

まとめ

叶匠寿庵の福袋2024についてまとめてきました。

今年の情報はまだ発表されていません。

これまでの情報から予想すると、予約は2023年11月下旬〜12月初旬までの間で順次開始していくと思われます!

購入は、店舗とオンラインの2種類があります。

これまでの福袋の中身は、あも、閼伽井、栗山家、シュパットなどでした。

再販はないのではないかと思われます。

情報が発表されましたら追記していきます。

叶匠壽庵の福袋、楽しみですね!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました