本ページはプロモーションが含まれています

吉野川祭り花火大会2023の屋台情報!交通規制や穴場についても!

花火大会・お祭り

奈良県五條市で吉野川祭り納涼花火大会が開催されます。

吉野川祭り納涼花火大会は、現在、弥兵衛が花火造りを始めたとされる吉野川のほとりで音楽に合わせてレーザー光線と花火で夏の夜空が彩ります。

2022年、2021年、2020年はコロナウィルスの影響により中止。
2019年は台風のため中止されました。

そんななかで2023年の今年は開催の予定となっています。

開催されれば久しぶりの開催となりますので、たくさんの人が訪れ混雑すると思われます。。

そんな花火大会で気になるのが屋台の出店、混雑状況、といった情報ですよね。

今回の記事では、2023年の吉野川祭り納涼花火大会の屋台の出店、混雑状況などみなさんが気になるポイントをご紹介したいと思います。

雨や台風の影響も心配ですね。

開催されるかについても調べてみました。

吉野川祭り花火大会の日程!

開催日時

まだ正式な発表がありませんが、毎年8月15日に開催されています。

2023年8月15日(火)

20:00~21:00(予定)

追記:台風の影響により中止となりました。

場所

吉野川大川橋上流川・河川敷

平日ですがお盆の帰省と重なるということで例年、約8万人が訪れる人気の花火大会です。

お盆でお休みの方も多いと思いますので少し早めに行かれるのが良いのではないでしょうか。

また、ゆっくり観られたい方は有料観覧席から観るのもひとつですよ。

吉野川祭り花火大会の屋台について!

吉野川祭りの花火大会で屋台が出店されるされるかはまだ発表されていません。

屋台は、例年であると約100店が出店します。

大川橋を中心にたくさんの屋台がずらっと並ぶので、見て回るだけでも楽しいですよ。

屋台が始まるのがだいたい早いお店で14:00からはじまります。

屋台は、花火が終了したあと少しずつ閉店していきます。

吉野川祭り花火大会へのアクセス!

電車でのアクセス

JR五条駅から県道170号線を吉野川のある南方向へ歩くと、徒歩10分程の距離で花火大会の開催場所である吉野川の河川敷へと到着します。

バスでのアクセス

近鉄大和八木駅からバスで約50分
バス停:五條バスセンターより徒歩約7分

駐車場

例年、公共施設の駐車場を臨時で500台分の無料駐車場として用意されます。

  • 五條市立五條小学校
  • 五條市役所
  • 島台グランド
  • 保健福祉センター
  • 辯天宗国道西駐車場
  • 五條病院駐車場
  • 県民グランド
  • 弁天宗御廟西駐車場

などが無料開放されています。

16時過ぎには満車になるので、近場の駐車場はなくなってきますよ。

無料の駐車場は23時には閉まってしまいます。
ご注意ください!!

吉野川祭り花火大会の交通規制は?

まだ発表はされていませんが、例年の交通規制は下記のようになっています。

18時~22時30分
・大川橋北詰~五條3丁目東田中団地東側交差点
・五條3丁目東田中団地東側交差点~市斎場(ハートピアさくら)進入口前

19時~22時30分
・五條3丁目東田中団地東側交差点~国道24合五條3丁目交差点

21時~23時
・JR五条駅前~国道24号五條3丁目交差点

吉野川祭り花火大会の混雑予想!

吉野川祭りの花火大会はかなり混雑します。

暑い中で非常に混雑した状況で電車を待つのはかなりつらい状況になります。

お子様連れの方は、電車より車の方が帰りは楽だと思います。

帰りは、みんな同時に駅へと向かうので身動きが取れないほど混雑します。

混雑回避には、最後まで見ずに花火の途中に駅に向かい混雑する前に電車に乗るのがおすすめです。

有料観覧席

観るときの混雑回避には、有料観覧席がおすすめです。

例年、大川橋の北東側(上流側)に設けられています。

最大8名まで利用可能な1区画が1万円で200区画が用意されています。

一般発売は7月頃から開始となり数日で完売するようです。

吉野川祭り花火大会の穴場は?

五條中央公園付近

有料観覧席付近に比べると見物の人は少ないです。

また、花火も大迫力ですのでおすすめですよ。

有料観覧席

有料席のためお金はかかるため、無料での観覧席とは違いゆっくり見ることができます。

また、屋台も近くにありとても良いですよ。

花火大会のレーザー光線やBGMといった演出は、有料観覧席利用者用に仕掛けられているため、見ごたえ・聞きごたえも抜群となっていますよ。

野原側河川敷

野原側河川敷は、打ち上げ会場の対岸にあるため、JR五条駅などの公共交通機関から遠目の場所になります。

そのため、観客は少なめになっていて、静かな雰囲気で花火を楽しむことができます。

ただ、その分移動距離が長くなってしまうことと、花火終了後の混雑を回避することは非常に困難となってしまいます。

 

↓他にも花火大会や夏祭りについて紹介しています!

猪名川花火大会2023屋台の場所は?交通規制やチケットについても!

りんくう花火大会穴場スポット2023!駐車場や混雑予想も!屋台は?

くらわんか花火大会2023有料席はいくら?出店の場所や穴場も紹介!

ハーベストの丘夏の花火2023打上場所や混雑予想!打上数や穴場も!

芦屋サマーカーニバル2023屋台の場所は?交通規制や駐車場穴場も!

まとめ

2023年の吉野川祭り花火大会は、久しぶりの開催ということもあり、多くの人が集まることが予測されます。

相当の混雑が予想されますので開始時間よりもかなり余裕を持ってお出かけください。

帰りは、終了より少し早めに駅へ向かうことが良いのではいかと思います。

まだ屋台の発表されていませんが、例年のように出ればいいなと思います。

会場の混雑を避けるには少し離れた河川敷や有料観覧席を確保するなどで観るのも良いかもしれませんね。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました