本ページはプロモーションが含まれています

横浜スパークリングトワイライト2023の日程や穴場!チケットは?

花火大会・お祭り

2023年も縮小開催が決定した横浜スパークリングトワイライト2023

横浜スパークリングトワイライト2023は、従来の打ち上げ場所である山下公園前海上から、新港ふ頭と大さん橋へ変わっています。

例年はチケット販売もありましたが今年はどうなっているのでしょうか。

今回は、横浜スパークリングトワイライト2023の日程やチケット販売の有無について、見ていきたいと思います。

横浜スパークリングトワイライトの日程

日程時間打ち上げ場所
7月15日(土)20:00~20:05新港ふ頭・大さん橋
10月8日(日)20:00~20:05大さん橋
12月9日(土)20:00~20:05新港ふ頭
12月23日(土)20:00~20:05大さん橋
12月24日(日)20:00~20:05新港ふ頭
1月1日(月)午前0時新港ふ頭・大さん橋
2月10日(土)20:00~20:05新港ふ頭・大さん橋
2月24日(土)20:00~20:05大さん橋

※7月15日(土)が荒天の場合は7月16日(日)に実施します。これ以外の日は荒天時中止となります。

場所:新港ふ頭・大さん橋

新港ふ頭

大さん橋

5分間だけの開催となりますが、7月から2月まで花火を目にすることができます。

季節や打ち上げ場所によって、また違った花火を楽しむことができるのではないでしょうか。

有料席チケットはどこで買える?

2019年に開催された時は、指定席(ペア席6,000円)と自由席などの有料席チケットの販売が行われていました。

指定席の場合は、花火開始時間に合わせて会場へ行くことができたようです。

ですが今年度行われる、横浜スパークリングトワイライト2023には有料席はありません。

会場周辺から無料で見ることができます!

横浜スパークリングトワイライトの見える場所!

おすすめの場所を3ヶ所、ご紹介します!

大黒ふ頭

夜景と花火が美しく見える場所ですね。

本当に、5分間といはいえ侮れないです。

山下臨港線プロムナード周辺

打ち上がる花火がとても綺麗に見えますね。

人もまばらでゆったりと見ることができそうです。

横浜マリンタワー

とても美しく見ることができますね。

夜景も美しく雰囲気があります。

横浜スパークリングトワイライトの見えるホテル!

横浜スパークリングトワイライトの見えるホテルを2ヶ所、ご紹介します。

ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜

綺麗ですね!花火が見える側に泊まることをおすすめします!

ご予約はこちら↓

ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜

ホテルニューグランド

海側のお部屋から花火をみることができるようです。

ご予約はこちら↓

ホテルニューグランド

 

↓同じみなとみらいでの花火大会についても紹介しています。

見える場所について参考になるかもしれません!

→横浜開港祭2023花火が見えるレストランやホテル!花火限定プランも!

 

冬には赤レンガ倉庫でクリスマスマーケットが開催されています!

赤レンガ倉庫のクリスマスマーケットについてチケットや混雑状況など!

楽天トラベルを利用するとお得!

宿泊を考えている方はもちろん、ツアーレンタカー高速バスなども楽天トラベルで予約できます!

楽天ポイントが貯まりますし、キャンペーン中なら更に割引還元率UPもあります!

初めて利用する場合は最大3000ポイントの還元があります。(海外旅行も含めると最大5000ポイント還元)

また、お得なプランも出ていることがあるので、見るだけでも見てみると掘りだり物が見つかりますよ♪

↓楽天トラベルを少し見てみる↓

楽天トラベル

↑ここから楽天トラベルに行けます↑

まとめ

時間は短いですが、開催日程が豊富な横浜スパークリングトワイライト2023。

チケット販売はなく、無料でみることができます。

予定の都合が合う時に足を運んでみるのも良いですね。

夏だけではないのもこの花火の魅力ではないでしょうか。

ホテルの部屋から見ることのできるところもありますので、ゆったりみたい方におすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました