本ページはプロモーションが含まれています

鳥羽みなとまつり花火大会2023穴場スポット!交通規制やホテルも!

花火大会・お祭り

2023年7月28日(金)「第68回鳥羽みなとまつり」の開催が決定しました。

三重県にある鳥羽湾で行われる花火大会で、名物の水中花火や一尺玉の迫力ある花火を鑑賞することができます。

鳥羽みなとまつりの日程

日程:2023年7月28日(金)

開催時間:18時〜20時

打ち上げ時間:20時〜20時45分

開催地:三重県鳥羽市鳥羽1丁目 マリンターミナル周辺

海上で打ち上げられるため、色鮮やかでとても綺麗に見えそうですね!

2019年以来、3年ぶりの開催となりますので、楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。

鳥羽みなとまつり花火大会の穴場は?

穴場スポットをいくつか紹介いたします。

坂手島

綺麗に観ることのできる場所ですね!そしてとても迫力があります!

写真を撮るスポットとしても良さそうです。

・朝熊山頂展望台

展望台ですので、よく見えます!

会場から少し離れていますが、トイレなどもありますので安心です!

・城山公園

花火会場が見渡せる公園です。

比較的空いているのもポイントです!

公園なので遊具などもあり、お子さんと一緒に行く方にもおすすめです!

鳥羽みなとまつり花火大会へのアクセス!

アクセスについて紹介いたします。

電車・バスでお越しの場合

近鉄・JR鳥羽駅下車 徒歩8分

鳥羽バスセンター下車 徒歩7分

 

車でお越しの場合

伊勢自動車道伊勢ICから伊勢二見鳥羽ラインを経由し、国道42号を鳥羽方面へ車で10km。

駐車場

料金:1000円 (17:30~22:00)

  • ミキモト真珠島専用駐車場
  • シーサイドパーキング
  • 岩崎駐車場
  • 鳥羽マリンパーク
  • 鳥羽水族館 ※鳥羽水族館の駐車場は18:00〜22:00

17時30分から駐車場が利用できるようですが、17時30分前にはほぼ満車になっている状態のようです。

17時30分前にほぼ満車になってしまっているということは、昼間から駐車場を利用しているお客様がそのまま花火大会まで利用している可能性もあります。

時間に余裕をもってお出かけされることをおすすめします。

鳥羽みなとまつりの交通規制は?

例年約11万人の人出がある鳥羽みなとまつり

当日、会場周辺では18時~22時まで交通規制が行われます。

交通規制の場所の詳細については、公式HPにてご確認ください。

会場から駅周辺は大変な混雑が予想されますので、十分にお気を付けください。

鳥羽みなとまつり花火大会の混雑予想!

平日開催のため、夕方以降は通勤通学のラッシュも重なり、駅周辺での激しい混雑が予想されます。

各駐車場も17時30分以降に利用できることになっていますが、時間に余裕を持って少し早めに到着しておくとよいかもしれません。

会場周辺は、花火打ち上げ時間の1時間前(19時頃)から終演(21時)に混雑するようです。

17時30分から駐車場が利用できるようですが、17時30分前にはほぼ満車になっている状態のようです。

周辺ホテル!

周辺のホテルをいくつかご紹介いたします。

鳥羽国際ホテル

鳥羽国際ホテル

花火も観ることが出来るお部屋もあるようです!

↓ご予約はこちら↓

鳥羽国際ホテル

鳥羽グランドホテル

伊勢志摩三景 鳥羽グランドホテル

素敵な一日を過ごすことができそうですね!

↓ご予約はこちら↓

伊勢志摩三景 鳥羽グランドホテル

 

↓他にも花火大会や夏祭りについて紹介しています!

名古屋みなと祭花火大会2023混雑状況!回避方法や屋台も紹介!

豊橋祇園祭2023花火大会の屋台は?桟敷席や混雑回避についても!

きほく燈籠祭花火大会2023屋台はある?駐車場や穴場スポットも!

津花火大会2023屋台情報!駐車場や穴場など混雑回避方法も紹介!

伊勢神宮花火大会2023観覧場所や有料席はここ!穴場スポットも!

まとめ

2023年鳥羽みなとまつり、行ってみたいですね。

駅から会場周辺の混雑はどうしても避けられませんが、行き帰りの時間を少しずらすことで、混雑を避けることができそうです。

駐車場は17時半から利用できるとなっていますが、17時半前にはほぼ満車になっている可能性もありますので、時間に余裕をもってお出かけください。

また坂手島という穴場スポットもおすすめです。

周辺のホテルからも花火を観ることが出来るようなので、こちらも要チェックです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました