本ページはプロモーションが含まれています

サマーナイト鹿児島花火大会2023屋台の出店は?交通規制や穴場も!

花火大会・お祭り

かごしま錦江湾サマーナイト大花火大会は鹿児島の夏の風物詩として2000年からスタートした花火大会です。

初開催からは短いですが九州最大といわれていて、15万人近くが集まる大迫力で人気の花火大会なんです!

迫力ある大玉花火や優雅に夜空を彩る創作花火など見応えのある花火を楽しむことができます。

昨年は1万5000発が打ち上げられたそうですよ

かごしま錦江湾サマーナイト大花火大会は、どこも人がいっぱいで大変ですがたくさん出ている屋台も楽しみですよね!

 

今回の記事では、2023年のかごしま錦江湾サマーナイト大花火大会の屋台がどこにあるのかなど、お出かけ前にみなさんが気になるポイントをご紹介したいと思います。

サマーナイト鹿児島の日程!

日程はまだ発表されていません。昨年2022年は8月20日(土)に開催されていました。

このことから今年は、

2023年8月19日(土)

になるのではないかと思われます。

時間は19:20~20:40
(花火の打ち上げは19:30~)

土曜日ということもありたくさんの開催時間が近くなってくると、周辺の道路はかなり渋滞するようです。

周辺道路は交通規制も行われるため、相当渋滞することが予想されます。

早い時間から現地に行くのがいいかもしれませんね。

サマーナイト鹿児島の屋台について!

 

例年ですと屋台は北ふ頭に約400件ぐらい出店します。

かなりの屋台が出るんですね

焼きそばや焼きトウモロコシなどの定番メニューをはじめ、塩からあげやジャンボ豚バラ串焼き、冷やしパインなどの屋台が出店します。

それ以外では、地元で有名な焼肉なべしまも出店しているとのことです。

屋台グルメを楽しむなら少し早い時間から行くと良いかもしれないですね。

サマーナイト鹿児島の交通規制は?

今年の交通規制はまだ発表されていませんが、昨年同様かなと思われます。

花火大会当日の会場周辺は15:00~21:30の間は車両進入禁止となっています。
また、会場周辺だけでなく、その付近までの道路が大渋滞となりますので注意が必要です。

・天保山大橋への通行禁止 19:50~21:30
・いづろ中央交差点(マルヤガーデンズ前)右折禁止 17:00~21:30
・魚類市場付近は、「車両通行止」 15:00~21:00
・仙巌園前から磯街道線への通行禁止 18:00~21:30

結構迂回させられるので車でのこの日のであるきはよした方が良いですよね。

サマーナイト鹿児島の混雑予想!

九州最大級の花火大会といわれている鹿児島錦江湾サマーナイト大花火大会の混雑具合はどのような感じになっているのでしょうか?

九州最大級だけあって、鹿児島県外からも多くの人が訪れ、だいたい15万人近くの人出となり、大混雑です。

会場へは、早めに行くことがいいですね。

鹿児島駅からかごしま錦江湾サマーナイト大花火大会の会場付近までは、通常であれば徒歩で約15分ほどで到着します。

しかし、かごしま錦江湾サマーナイト大花火大会当日は多くの人が訪れるため、通常よりも10〜20分ほど余計に時間がかかると思われます。

かごしま錦江湾サマーナイト大花火大会会場までの所要時間をだいたい30分ほどみておいた方がいいかもしれませんね。

行きと違い帰りは、一斉にみんなが帰ることとなり大混雑が予想されます。

鹿児島中央駅は、過去に入場規制が行われていたこともあるみたいです。

帰りの混雑を避けるためには、早めに帰るかある程度時間を遅らせて帰るか少し極端に時間をとるのが良いかもしれません。

あとは、土曜日ですし割り切って会場周辺に泊まるというのも一つかもしれませんね。

↓楽天トラベルを利用するとお得になることがあります!是非チェック!

有料観覧席チケットはどこで買える?

有料席の情報はまだ発表されていませんが昨年の情報を載せておこうと思います。

【販売数・料金 2022年版】

販売数参加料
北ふ頭 椅子席4,500席2,500円
ウォーターフロントパーク36,000席1,000円

※同伴する3歳以下のお子様は1名に限り無料
※北ふ頭、ウォーターフロントパークともに15時30分開場です。
※ウォーターフロントパークにイスは設置いたしません。シート等をご持参いただき、任意の場所でご観覧ください。
なお、コロナ対策の観点から、お1人様あたり0.9㎡程度をお使いいただくこととしております。
シートを大きく広げての場所取りはご遠慮ください。
譲り合ってのご観覧をお願いします。

【チケットの購入方法】

・ファミリーマート(マルチコピー機にて販売)
7月5日(火)10時~8月20日(土)19時

・CNプレイガイド
7月5日(火)10時~8月20日(土)19時
(CNプレイガイドでの予約

CNプレイガイドは電話でも予約可能でした。
0570-08-9999
8月20日(土)18時まで。

 

7月5日からの販売でしたので、今年も7月最初の土曜日辺りから販売されるのではないかと予想します。

昨年は、北ふ頭の椅子席は、早くに完売となったので早めの購入しておきたいところです。

サマーナイト鹿児島の穴場は?

会場のすごい迫力を多少欠いてもいいから、人混みを避けるために中心部からは外れたところでゆっくり観たい!という人向けの穴場スポットをいくつか紹介したいと思います。

城山公園展望台

観覧のメインであるウォーターフロントパークからほど近い城山公園展望台は、錦江湾や桜島を一望できる上に、普段から夜景スポットとしても人気がある場所です。

人気のある鑑賞スポットですが、いろいろなところに段差があるので、比較的花火が見やすいと思います。

段差には座ることもできますので、座って花火を鑑賞することができます。

こちらも人気の鑑賞スポットなので、なるべく早い時間に着いていた方が安心です。

多賀山公園

こちらも錦江湾と桜島を一望できる公園です。

高台に位置している公園なので、夜景と花火の両方を楽しむことができます。

どちらかというと、観覧メインの場所に対してサイド寄りの位置になります。

ですが、こちらの公園はあまり混雑するような場所ではないためゆっくり観覧できる場所かもしれません。

まとめ

鹿児島の夜空を彩るたくさんの花火をみることのできる、鹿児島の夏の風物詩のかごしま錦江湾サマーナイト大花火大会。

夏の終わりにお出かけしようかどうか、迷っている方には是非とも行っていただいたらきっと素敵な夏の思い出ができるかと思います。

かごしま錦江湾サマーナイト花火大会は、1日で毎年15万人近い人がくるため混雑するのは確実です。

花火会場へは早めの行動と帰りは思い切った割り切りの行動をおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました