本ページはプロモーションが含まれています

西武園ゆうえんちのプールの持ち物おすすめ7選!子どもと一緒編!

花火大会・お祭り

今回は、西武園ゆうえんちのプールへ行くときの持ち物で、持っていくと便利なものを調べてみました。

また、西武園ゆうえんちのプールへのアクセスについてもみていきましょう。

持ち物を準備万端位にして、楽しいお出かけにしましょう。

西武園ゆうえんちのプールへ行く時のおすすめ持ち物7選!

おすすめの持ち物を7選ご紹介いたします。

テントやレジャーシート

自分たちの休憩場所を確保するために、レジャーシートやテントは必需品となります。

レジャーシートやテントを使える場所には屋根がありませんので、休憩するときにテントなど屋根があるものだと良いでしょう。

サンダル

園内では歩く場所がコンクリートの部分もあります。

熱いコンクリートの上を歩くのは大変です。

必ずサンダルを持っていくようにしましょう。

子供用のサンダルは、滑りにくくサイズの合ったものが良いですね。

靴で行く場合もあると思いますが、プールサイドなどで歩く時はサンダルなど、濡れても気にならないものがおすすめです。

靴を履いていく場合はロッカーに預けたりテントやレジャーシートに置いておくことになります。

盗難の可能性もあるので、サンダルで行くことをおすすめします。

浮き輪

流れるプールがあるため、浮き輪があると泳げなくても楽しむことができますね。

子供用の浮き輪は、安全のため必ず自分の体に合ったサイズのものを選ぶようにしましょう。

日傘

食べ物を購入したり、移動するときには日傘があると便利のようです。

帽子

子供と一緒にプールに入っていると気になるのが紫外線。

帽子を被っていくことと良いでしょう。

防水になっているもであれば水がかかっても気にならないのでおすすめです。

また、後ろに日除けがあるものだと髪も守ることができます。

パーカー

急な天気の変化や、長時間プールで遊んでいると寒くなってしまうことがあります。

プールからあがった時にすぐ羽織ることのできる、パーカーを持っていくことをおすすめします。

簡単に羽織ることができるケープタオルも良いですね。

小銭(100円玉)

プール内には、500円と600円で利用することができるコインロッカーがあります。

コインロッカーは100円玉しか使えません、

子供と一緒に行く場合に、両替機の列に並ぶのは大変です。

利用の予定がある方は、100円玉を多めに持っていくことをおすすめします。

防水のスマホケースや財布があると便利です。

西武園ゆうえんちのプールへの持ち込みNGのものは?

持ち込みNGのものを6点ご紹介いたします。

・ビン類(ガラス製品)
・ビーチパラソル
・サンデッキ
・大規模な遊泳器具及び遊戯物
・ガラス製水中メガネ、足ひれ、シュノーケル及びキャンプ、アウトドア用品等
・その他危険を伴ったり、他のお客さまのご迷惑となるもの

他の方の迷惑になるものや、危険なものは持ち込まないようにしましょう。

西武園ゆうえんちのプールの営業時間やアクセス!

営業時間

プール営業期間:2023年7月14日から2023年9月3日

時間:9時〜17時

毎日営業しています。

混雑が苦手な方は、お盆や土日以外の比較的空いていそうな日を選ぶことをおすすめします。

アクセス

【車】

・関越自動車道所沢I.C.から約12km(約30分)
・圏央道入間I.C.から約10km(約20分)

【駐車場】

車:1,800円
※7月14日から9月3日の土休日(8月14日含む)は2,000円

西武園ゆうえんちプールご利用の方は西武園ゆうえんちプール第1駐車場、西武園ゆうえんちプール第2駐車場の利用が便利です。

【電車】

西武園駅または多摩湖駅からプールエントランスまで徒歩約5分。

プールを利用する場合には、メインエントランスの入口ではなく、プールエントランスの入り口が、西武園駅と多摩湖駅の中間くらいにあります。

こちらから入場するとプールに近いのでおすすめです。

 

まとめ

西武園ゆうえんちのプールは、小さな子供が遊ぶことのできるプールや、おとなも楽しめ流れるプールやスライダーがあり、とても楽しそうですね。

持ち物をしっかり準備をして、楽しい時間を過ごしましょう。

個人的には防水の帽子を持っていくことを、特におすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました