本ページはプロモーションが含まれています

大曲花火大会2023交通規制の場所は?屋台の営業時間や穴場も!

花火大会・お祭り

「大曲花火大会の交通規制はあるの?」

「花火会場の屋台の営業時間は?」

「穴場スポットはあったりするのかな?」

上記のようなことを思い浮かべるでしょう。

花火会場周辺の交通規制がどうなっているのか分かりません。

屋台が出店されているのかも気になるはずです。

今回は、2023年大曲花火大会の交通規制や屋台などについてまとめてみます。

  • 花火大会の日程
  • 交通規制
  • 屋台情報
  • 花火大会の混雑予想
  • 穴場スポット

大曲花火大会はたくさんの観光客で賑わいます。

壮大で迫力満点の花火が空高く打ち上がり、感動すること間違いなしです。

2023年は大曲花火大会で楽しい思い出をたくさん作って過ごしましょう。

大曲花火大会の日程!

過去に行われた大曲花火大会の様子です。

画像だけでも花火の大きさときれいさがハッキリと伝わってきますね。

大曲花火大会は年に3回行われます。

  • 4月29日(土曜日)
    時間:19:00〜21:00
  • 8月26日(土曜日)
    時間:昼の部17:30〜18:15、夜の部18:50〜21:30
  • 10月7日(土曜日)
    時間:(昨年)18:00〜19:15

2023年の花火大会は土曜日に開催です。

春はGW、夏は夏休み、秋は秋休みで長期休暇のときに行われます。

会場周辺の道路渋滞や駐車場の混雑があるかもしれません。

前日から現地近くへ来れるのならば、混雑回避が見込めるはずです。

時間に余裕をもって来場しましょう。

場所:秋田県大仙市大曲雄物川河畔

花火会場周辺には駐車場が用意されているので、自家用車でも来られます。

しかし大変混雑が予想されるため、早めに来場するといいでしょう。

花火会場から駐車場まで2~3㎞程度あり、たくさんの観光客がいます。

時間も余計にかかるでしょうから、しっかりと準備をして行きましょう。

花火大会の交通規制は?

花火会場の周辺道路は一部交通規制がかかります。

参考までに2023年4月29日に開催された花火大会の交通規制をご覧ください。

場所時間内容
堤防道路17:00〜21:30車両通行禁止
秋田県立大曲技術専門校〜入口①15:00〜21:30車両通行禁止
入口②〜入口③15:00〜21:30車両通行禁止(歩行者の入退場は可能)

詳細はこちらから2023年4月29日に開催された交通規制図です。

時間によって車の交通規制がかかっているので、注意して通行しましょう。

毎年多くの来場客で賑わうため、会場周辺道路は大変混雑します。

迂回ルートが公表されているので参考にしてみてください。

詳しくはこちらから2022年8月27日に開催された際の迂回ルートです。

朝の7時頃ですけど、すでに渋滞しています。

可能ならば前日から現地近くにいた方が良さそうです。

大曲花火大会の屋台について!

大曲花火大会にはたくさんの屋台が出店されます。

大会規模が大きいため出店場所は1箇所だけではないそうです。

2022年に開催された大会では、飲料販売のみの販売でした。

2023年は例年どおり屋台が出店されると思うので、チェックしておいてもいいかもしれません。

屋台の営業時間、場所、メニューについてまとめます。

営業時間

花火大会は❝昼の部❞が17:30から始まります。

花火会場へ早めに訪れる人も多いため、早いところで14:00頃から始まっているそうです。

15:00頃になってくるとほとんどの屋台が営業を始め、会場内はさらに賑わいます。

22:00頃まで営業しているところもあるので、花火大会が終わっても楽しめそうです。

夕方から夜になるつれ来場客も増えてくるでしょうから、しっかりと準備としておきましょう。

場所

過去に屋台が出店された場所は下記のとおりです。

  • 大曲花火大橋周辺
    花火会場すぐそばの南側にある
    近くにコンビニが目印
  • 姫神橋周辺
    花火会場すぐそばの北側に位置している
    グラウンドゴルフ場が近くある

屋台の総数は200程度ありますが混雑はします。

花火会場周辺以外にも、大曲駅周辺や近くのスーパーなどでも屋台があるそうです。

花火大会当日はどこに行くにしても混雑していると思います。

会場へ向かう道中にグルメを購入しておくのもいいかもしれません。

メニュー

花火大会に出店される屋台のメニューは下記のとおりです。

  • かき氷
  • バナナチョコ
  • タピオカジュース
  • とりから
  • やきそば
  • 焼き鳥
  • たこ焼き
  • お好み焼き

屋台では定番メニューだと思いますが、安定の美味しさがあります。

少し変わったメニューもあるそうです。

ババヘラアイス、いのしし串焼きなんてものもあり、とても美味しそうにみえます。

花火会場だからいつもより美味しく感じるはずです。

焼きそばと焼き鳥の組み合わせは私も大好きですよ。

たこ焼きも熱々で食べられるのはいいですね。

大曲では美味しく食べられているそうです。

どんな味なのか気になりますし、元気にもなりそうな感じがします。

ババヘラアイスは本当にヘラを使って、アイスを作るそうです。

暑い夏にピッタリな商品でしょう。

大曲花火大会の混雑予想!

2023年8月26日(土)に開催される花火大会の混雑予想です。

  • 会場周辺の道路は渋滞
  • 駐車場が混雑
  • 花火大会終了後の21:30頃は混む

花火会場

大曲花火大会には毎年およそ80万人が来場。

花火会場となる雄物川河畔公園が観覧場所であり、屋台も出店しています。

混まない訳がないので、混雑覚悟して楽しみましょう。

観覧席のチケットが販売されるので、花火を見るときは、落ち着いて見れるはずです。

午前中からすでに混雑が始まっていますね。

夕方頃にもなると屋台が混み始めています。

どこもかしこも並ぶでしょうから、しっかりと食料は確保しておきましょう。

周辺道路

例年、開催される当日の朝から混雑が始まります。

下記の人たちは朝早く花火会場へ向かわれるはずです。

  • ホテルに泊まる
  • サービスエリアで車中泊
  • 朝に花火会場へ到着する

高速道路も渋滞が予想されます。

最寄り高速IC

  • 飯田IC
  • 山根IC

いずれも雄物川河畔公園まで5分程度着きますが、花火大会当日は何時間もかかるでしょう。

早めの行動で、午前中には会場に到着しておくといいかもしれません。

帰りの道中も酷い渋滞が予想されます。

トイレは済ませておくのがいいかもしれませんね。

駐車場

2022年の花火大会では、無料と有料の駐車場が約1,900台用意されていたそうです。

15:00までに駐車場へ向かわないといけないため、午前中から渋滞していました。

各駐車場から花火会場までは約2〜3kmは離れています。

たくさんの観光客で賑わうため、花火会場まで移動するにしても時間かかるはずです。

午前中には駐車場へ到着するようにしましょう。

2023年も駐車場が用意されるはずなので、利用される方は早めの準備をおすすめします。

駐車場の状況を知らせてくれるなんて親切ですね。

早いうちから混雑するでしょうから、早めの行動を心掛けましょう。

大曲花火大会の穴場は?

人混みを避けて花火を見たい方には、穴場スポットをご紹介します。

  • 姫神公園
  • 大曲ヒカリオ

姫神公園

姫神公園大平山の登山口になっており、高い場所にあります。

見晴らしがよくて打ち上げられる花火が一望でき、街も見わたせる景色が楽しめるはずです。

20台停められる駐車場があるので、早めの行動が大事になってきます。

花火終了後の帰り道は、混雑ルートを通過することになるので注意が必要です。

花火会場まで約2.6㎞ですが、迫力ある花火を観賞できます。

打ち上がる花火がさまざまあって、見ていても飽きることなく楽しめるでしょう。

大曲ヒカリオ駐車場

収容台数219台となっており、屋上から花火が見られます。

駐車料金が2時間無料となっており、以後1時間100円で利用可能です。

花火会場から約1.8㎞の距離しか離れておらず、花火の臨場感が伝わってくると思います。

大曲ヒカリオ周辺は交通規制がかかるため、早めに駐車場へ向かいましょう。

見晴らしのいい屋上から打ち上げ花火が観賞できます。

大曲ファミリーキャンプ場と河川敷キャンプ場でも花火が見られましたが、クマの出没やゲリラ豪雨による水害の危険があるため廃止になりました。

 

↓他にも花火大会や夏祭りについて紹介しています!

塩竃みなと祭り2023の屋台の場所や穴場を紹介!花火は何時から?

仙台七夕花火祭り2023屋台の場所や営業時間!交通規制や穴場は?

宇都宮花火大会2023の屋台は?チケットや見える場所についても!

阿佐ヶ谷七夕まつり2023の混雑予想!サンバはいつ?屋台や駐車場も!

鹿沼さつき祭り花火大会2023打ち上げ場所や穴場!屋台についても!

まとめ

2023年大曲花火大会の交通規制や屋台などについてご紹介しました。

  • 大曲花火大会は年に3回開催
  • 時間による交通規制あり
  • 屋台が出店されている
  • 花火会場周辺道路や駐車場が混雑
  • 穴場スポットあり

年に3回開催される花火大会は大変混雑が予想されます。

混雑回避のため開催前日から現地にいたり、高速のSAで車中泊する人もいるほどです。

当日駐車場を確保するため、朝早くから行動しています。

事前の準備をしっかりして大曲花火大会を楽しみましょう。

2023年こそは窮屈な生活から解放されたいものですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました