本ページはプロモーションが含まれています

名古屋みなと祭花火大会2023混雑状況!回避方法や屋台も紹介!

花火大会・お祭り

名古屋みなと祭の混雑状況について紹介します。 

名古屋みなと祭は毎年たくさんの人が訪れる人気のイベントなので、気になるのが混雑状況ですよね。

 そこで今回は、2023年名古屋みなと祭の混雑状況について調査しました。

混雑回避方法やアクセス方法、屋台についても紹介していきます。

名古屋みなと祭の日程!

開催日程:令和5年7月17日(月・祝)

開場時間:17:30

花火開始:19:30(おおよそ)

花火終演:20:30(おおよそ)

場所:地下鉄名古屋港駅または築地口駅を降りてすぐ、名古屋港ガーデンふ頭

名古屋みなと祭の混雑予想!

午後4時頃から、場所取りも含めて来場する人が増えてくることが予想されます。

それに伴い、屋台の出ている駅周辺の大通りも混雑し始めるようですね。

午後5時以降は屋台で商品を購入する人の行列ができることも予想されます。

↓広い道が沢山の人で埋め尽くされていますね。

名古屋みなと祭の混雑回避方法!

名古屋みなと祭の混雑を少しでも回避するためにはどうしたらいいのか紹介します! 

名古屋港駅周辺は屋台が出ていることもあり、毎年とても混雑します。

ガーデンふ頭周辺は停まっている船と花火をセットで見ることができるので、とても人気のスポットです。

近くにあるガーデン埠頭2号・ガーデン埠頭3号岸壁が場所取りができる穴場スポットとなっています。

17:00から開放される2号を狙って行くと、混雑を あまり気にすることなく名古屋みなと祭を楽しむことができそうです♪ 

名古屋みなと祭の駐車場やアクセス方法は?

【アクセス方法】

 電車:地下鉄名古屋港駅から徒歩5分

 車: 名古屋高速道路「港明」ICから約10分

【駐車場】

ガーデンふ頭駐車場

またはガーデンふ頭西駐車場

花火大会当日、車での来場は駐車場に入るのも並ぶことや駐車場に限りがあること、また駐車場周辺の道路は同じ方向へ向かう人が多く、帰宅時間が重なることでの大渋滞が予想されますので、電車でのアクセスが便利だと思います。

 

電車でのアクセスの際には、地下鉄金山駅を使う方が多いため、金山駅周辺も混雑します。

地下鉄乗車の際には、17時前後は大変な混雑が予想されます。

時間をずらしてのご乗車をおすすめします。

名古屋みなと祭の屋台について!

・営業時間:15時くらいから

・場所:築地口駅と名古屋港駅の間

・メニュー:

↓牛串やどて煮があったようですね!

おいしそうです♪

当日は従来通りの屋台が出るのか、最近流行りのキッチンカーがメインでの出店となるのか楽しみですね。

 

↓他にも花火大会や夏祭りについて紹介しています!

名古屋城夏祭り2023屋台情報!日程や入場料などと過ごし方も紹介!

名港水上芸術花火2023混雑予想!屋台はある?無料の穴場はここ!

七夕スカイランタン祭り2023愛知は見るだけでも有料?口コミは?

衣浦みなとまつり花火大会2023屋台は?駐車場や穴場と有料席も!

花火大会2023東海のおすすめ10選!

まとめ

 

2023年名古屋みなと祭の混雑状況について紹介しました。 

口コミを調べてみたところ、花火大会会場周辺である、名古屋港駅周辺はかなり混雑しやすいことが分かりました。

また、電車での来場者の多くが地下鉄金山駅を利用して会場へ向かうこととなるため、地下鉄金山駅周辺も大変混雑することが予想されます。

特に花火開始前の17時以降は混雑しやすいので、この時間にお出かけされる場合は、時間に余裕を持って行った方が良さそうです。

混雑を避けたいのであれば、時間をずらして少し早めに到着するのがおすすめです!

屋台は15時頃から開いていますので、ぜひ覗いてみてくださいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました