本ページはプロモーションが含まれています

ラグーナテンボス花火の見える場所は?何時からどこで開催される?

花火大会・お祭り

テーマパークで花火が見たいけど、どこかいい場所ある?

それならラグーナテンボスがオススメだよ!

今回はラグーナテンボスで開催される花火について紹介するね!

愛知県蒲郡市にあるラグーナテンボスで開催される花火スペクキュタラ「フレイム」。

ナイトプールに入りながら見ることができる花火ショーです。

そんな花火スペクキュタラ「フレイム」に行こうと思っている方もいると思います。

入園せずに花火の見える場所や日程などが気になる方も多いと思います。

今回は2023年ラグーナテンボスで開催される花火スペクキュタラ「フレイム」の花火の見える場所や日程についてまとめました。

ラグーナテンボス花火の日程!

2023年についてはまだ発表されていませんので日時と場所の予想します。

・日にち 7月中旬~8月末 土日・お盆期間と予想
・時間  20:30~
・場所  ラグーナテンボス

2023年についてはまだ発表されていません。

2022年は7月16日(土)、17日(日)、23日(土)、24日(日)、30日(土)、31日(日)
8月6日(土)~15日(月)、20日(土)、21日(日)、27日(土)、28日(日)でした。

そこから2023年の開催日を予想して、下記にまとめてみました。

2023年開催日予想
7月15日(土)
16日(日)
22日(土)
23日(日)
29日(土)
30日(日)
8月5日(土)~14日(月)
19日(土)
20日(日)
26日(土)
27日(日)

開催日は多いんだね!

土日やお盆休み、夏休みの期間なので、多くの人で賑わいます。

また、ナイトプールということもあって水着の方が多く、20代や10代の方がほとんどです。

時間は20:30から約15分です。

花火大会へのアクセス!

車でのアクセス

・名古屋方面から

名古屋IC
↓東名高速道路(約35分)
音羽蒲郡IC
↓オレンジロード経由247号中央バイパス(約20分)
ラグナシア
・静岡方面から
浜松西IC
↓東名高速道路(約20分)
豊川IC
↓国道151号線(約35分)
ラグナシア
駐車場について
車種収容台数料金
乗用車約1,000台1,000円 5/3(水、祝)~5/6(土)は1,500円
バス約20台無料
二輪約100台無料

公共交通機関でのアクセス

・名古屋方面から

名古屋駅
↓JR東海道本線 快速(約40分)
蒲郡駅
・静岡方面から
浜松駅
↓JR東海道本線 普通(約35分)
豊橋駅
↓JR東海道本線 快速(約10分)
蒲郡駅

なお、蒲郡駅~ラグーナテンボスで無料シャトルバスを運行しています。(約15分)

ラグーナテンボスの花火が見える場所!

入園した場合

1番迫力のある場所はナイトプールです。

レストランのテラス席や高い位置にある席からだと座りながらゆったりと鑑賞することができますが、有料席になります。

有料席には事前予約や当日販売がありますので、どこから花火を見るのか予め決めておくことをオススメします。

入園しない場合

隣接施設のフェスティバルマーケットからも見ることが可能です。

駐車場や周辺では大きく迫力のある花火を鑑賞できます。

少し離れた場所からでもきれいな花火を鑑賞できます。

花火大会の混雑予想!

2023年の混雑状況について予想します。

・19:00~21:00が混雑のピーク
・駐車場や周辺道路の渋滞
・ナイトプールの混雑
2023年は昨年よりも混雑すると予想されます。

過去の混雑状況

ナイトプールは多くの人で賑わいます。

若いカップル向けだね!

ソレイユディナーシートでは、2人でゆったりと花火を鑑賞できます。

落ち着いて花火が見えていいね!

ナイトプール内は広く、有料席があったりして色々な場所で花火を見ているので、他の花火大会よりは密度は低いと思われます。

特に混み合うのは花火が終わった21:00頃になります。

ラグーナテンボスの閉演時間は22:00まで延長しているので、閉演ギリギリまで遊んでから帰ると比較的混雑は緩和されています。

ですが、帰る時間はやはり遅くなってしまうので、どちらがいいかは人それぞれです。

入場料金について!

通常料金

・プール入園券(入園+プール利用(昼))

大人(中学生以上)小学生幼児(3歳以上)
B料金3,600円1,900円1,300円
C料金3,800円2,100円1,300円

・パスポート(入園+プール利用(昼)+対象アトラクション利用)

大人(中学生以上)小学生幼児(3歳以上)
B料金5,850円4,000円2,850円
C料金6,050円4,200円2,850円

・ナイトプール(17:00からの入園+プール利用(夜))

大人(中学生以上)小学生幼児(3歳以上)
B料金2,350円1,400円1,000円
C料金2,550円1,600円1,000円

・ナイトプールパスポート(17:00からの入園+プール(夜)+対象アトラクション利用)

大人(中学生以上)小学生幼児(3歳以上)
B料金3,750円2,800円1,800円
C料金3,950円3,000円1,800円

B料金
7月24日(月)~28日(金)、31日(月)~8月4日(金)、7日(月)~11日(金)、
16日(水)~18日(金)、21日(月)~25日(金)、28日(月)~31日(木)

C料金
8月12日(土)~15日(火)

チケット割引クーポン

アソビューで割引価格で購入することも可能ですが、現在はチケットの販売は行っていません。

クラブオフやJAF会員、タイムズクラブ会員、UCS会員になると、割引価格にてチケットを購入することができるので、各公式サイトを比較してみてください。

 

犬山花火(日本ライン夏まつりロングラン納涼花火大会)についてもまとめています!

犬山花火2023の駐車場や交通規制、穴場などについてはこちら!

↓他にも花火大会や夏祭りについて紹介しています!

三好池まつり2023の屋台は?アクセスや駐車場から穴場スポットまで!

七夕スカイランタン祭り2023愛知は見るだけでも有料?口コミは?

伊東・按針祭海の花火大会2023の屋台は?予約や穴場についても!

西尾・米津の川まつり2023屋台や花火の場所!駐車場なども紹介!

にっぽんど真ん中まつり2023の屋台は?日程やパレードについても!

まとめ

今回は、愛知県蒲郡市にあるラグーナテンボスで行われる花火スペクキュタラ「フレイム」の2023年の日程や花火の見える場所について、訪れる際に気になるポイントを紹介しました。

2023年は昨年よりも混雑すると思われます。

情報をしっかり確認し、早めに行動するようにして、2023年の花火大会は楽しい思い出を作りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました