カラダ探しの原作はどこで読める?漫画や小説アニメと映画の違いは?

映画

今回は、映画「カラダ探し」の原作である漫画や小説と映画は何が違うのかについてご紹介していきます!

原作の漫画や小説と映画は同じ名前ですのですぐに見つけることができるとは思いますが、どこで読めるのかについてもご紹介していきます!

カラダ探しの原作はどこで読める?漫画や小説アニメと映画の違いは?

それではさっそく見ていきましょう!

小説

原作の小説は、ウェルザードさん著の「カラダ探し」です。

小説の「カラダ探し」は、ケータイ小説サイト「野いちご」を運営しているスターツ出版株式会社より出版されています。

あらすじをご紹介します。

逢魔高校で学校の怪談話として語り継がれている少女の幽霊、「赤い人」。

語り継がれてきた内容によると、学校でもし赤い人に会ってしまうとその人は体を8つのパーツに分解され、それを校舎のどこかに隠されてしまう。

その隠された体のパーツを仲間たちに見つけてもらうように頼み、集めてもらう。

しかし、探している間にもいくつかのデスゲームが起きているため、それらもうまくやりながら奮闘していく。

そして、小説を読めるサイトは現在(2022年7月)では以下の通りです。

・野いちご

・ブックウォーカー

・コミックシーモア

この3サイトでは読むことができますので是非ご覧になってみてください!

漫画

原作の漫画は、ウェルザードさん/村瀬克俊さん著の「カラダ探し」です。

漫画版の「カラダ探し」は、集英社から出版されています。

あらすじをご紹介します。あらすじは小説と基本同じです。

逢魔高校で学校の怪談話として語り継がれている少女の幽霊、「赤い人」。

語り継がれてきた内容によると、学校でもし赤い人に会ってしまうとその人は体を8つのパーツに分解され、校舎のどこかに隠されてしまう。

その隠された体のパーツをみんなで集めてくる。

しかし、探している間にもいくつかのデスゲームが起きているため、ゲームをしっかりやりながら、体も探さなければならない。

漫画「カラダ探し」が読めるアプリは現在(2022年7月)では以下の通りでした。

配信アプリ無料視聴可能範囲
LINEマンガ60話無料
ピッコマ44話まで無料
マンガMee17話まで無料
ジャンプ+3話まで無料
マンガボックス無料配信なし
マンガBANG! 無料配信なし

そのほかの有名アプリ、マガポケやマンガワン!などでは配信がされていませんでした。

アニメ

アニメ版「カラダ探し」は2017年7月31日より、Production I.Gによるスマホ用のアプリ「タテアニメ」で放送されていました。

しかし、現在では視聴できる方法はありませんので、小説版や漫画版を読んでみることをオススメします!

原作と映画の違いは?

カラダ探しは同じ日を何度も繰り返すという話のため日付が記されています。

これが原作では、繰り返されている日にちが、[11月9日]ですが、映画では、繰り返される日にちが[7月5日]に変わっています。

さらに原作では、学校の怪談話として語られてきた幽霊の少女が[赤い人]となっていますが、映画では、[幼い少女]となっています。

それ以外で違うのは、映画版でのオリジナルキャラクターである清宮篤史の登場があります。

私の勝手な予想ではありますが、結末が異なってしまうことはないと思うので、カラダ探しを繰り返し行うというループからは逃れることができるようになるのではないかと思います。

カラダ探し原作はどこで読める?漫画や小説アニメと映画の違いは?まとめ

今回は映画「カラダ探し」が原作の小説アニメ・漫画と違うのはどこなのかについてご紹介していきました。

しかし、原作も映画版もみてみないと違うポイントがどこなのかわからないので、是非映画版と合わせて、原作の小説アニメ・漫画もご覧になってはいかがでしょうか!

映画「カラダ探し」は2022年10月14日公開ですので、是非劇場でご覧ください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました