本ページはプロモーションが含まれています

クリスマスマーケット2023横浜赤レンガ倉庫のチケット購入方法!

お出かけ・生活お役立ち情報

クリスマスマーケットは日本でも色々な場所で開催されていますね。

2023年のクリスマスマーケットin横浜赤レンガ倉庫は、チケットが必要なのでしょうか。

前はふらりと行って来れたけど…

 

今回は、2023年のクリスマスマーケットin横浜赤レンガ倉庫について、チケット予約・購入方法や当日券などについて調べていきたいと思います!

クリスマスマーケットin横浜赤レンガ倉庫のチケットについて!

【開催日程】
2023年11月24日(金)~12月25日(月)
【営業時間】
11月24日……17:00~21:00(点灯式あり)
11月25日~12月8日……11:00~21:00
12月9日~12月25日……11:00~22:00
【入場料】
大人500円 小学生以下無料 12月8日までは高校生以下無料

※小学生以下は保護者の同伴が必要です。

横浜赤レンガ倉庫イベント公式アプリ会員限定で、入場料が300円(税込)になります!

300円ならアリかな!

また、イルミネーションガーデンは無料で入場できますので、雰囲気だけ楽しむというのもありかもです。

11月24日はオープン時間が遅めですが、点灯式があります!

そして、今年のクリスマスマーケットは過去最大の規模だそうです!

キッチンカーや物販ブースなどは約50店も出店し、エリアも広くなっているそうなので、楽しみですね!

その他、今年は「プレミアムラウンジ」という貸し切り利用できる個室スペースもあります!

一部屋22000円~33000円で、90分間自由に利用できます。(定員2名)

クリスマスデコレーションされたお部屋で、「Café & Rotisserie LA COCORICO」のお料理を楽しめます。

事前予約制で、利用の3時間前まで予約可能だそうです!

チケットの購入方法

2023年は、事前予約制ではなくなったので、当日入場口で入場料を支払います。

 

ちなみに昨年は11月10日から販売開始でした。

また、購入方法はオンラインで「Peatix(ピーティックス)」で購入するようになっていました。

2021年はチケットの追加販売もありましたが、完売していました。

当日券はある?

2023年は当日券のみとなっています!

上記していますが事前予約はなくなりました。

 

これは混雑必至ですね。。

クリスマスマーケットin横浜赤レンガ倉庫へのアクセス方法

電車で行くと多少歩きますが、クリスマスの街並みがより楽しめそうですよ♪

【電車の場合】
最寄り駅……みなとみらい線「馬車道駅」または「日本大通り駅」から徒歩6分
【車の場合】
赤レンガ倉庫の駐車場あり

赤レンガ倉庫の駐車場は収容台数が179台なので、早めに行くことをお勧めします。

駐車場についてはこちら↓

台数料金
赤レンガ倉庫駐車場179台
最初の60分は500円。以降30分ごとに250円。
横浜ワールドポーターズ駐車場1200台
最初の30分は無料。以降30分ごとに200円。
パシフィコ横浜駐車場1000台
最初の30分は無料。以降30分ごとに200円。

※パシフィコからは1キロ以上あるので、15分~20分歩くことになります。

クリスマスマーケットin横浜赤レンガ倉庫の混雑状況

横浜赤レンガ倉庫クリスマスマーケットは、毎年多くの人々が訪れる人気のイベントです。

2019年には約80万人が来場したそうですよ!

また、2021年は混雑時には入場制限があり、混雑がひどい場合には新たな入場を終了することもあったそうです。

混雑を避けるためには、11月~12月前半平日午前11時から午後4時頃までがおすすめです。

クリスマスが近くなるとより混雑します。

そして、例年赤レンガ倉庫にはスケートリンクがオープンします。

12月初め頃にオープンするので、今年もスケートリンクがあるようなら、この時期から混み合うと思われます。

赤レンガのスケートリンクについてはこちら!

 また、横浜赤レンガ倉庫周辺は午後5時頃とても混むので、ドンピシャな時間帯に車で行くとなると渋滞は避けられないのではと思います。

早めに駐車場に入れて遅めに帰るのもアリ

それと、ホットワインなども販売されているので、電車がおすすめです。

クリスマスマーケットin横浜赤レンガ倉庫で販売されている物は?

クリスマスマーケットin横浜赤レンガ倉庫では、ドイツから直輸入した食品や雑貨などが販売されます!

フードメニューは?

今年のメニューはまだわかっていませんので、これまでに販売されていたものの一部を紹介します!

リンツのメルティホットショコラドリンク: リンツのホットチョコレート!

本格的なソーセージ: 本場ドイツにあるような本格的なソーセージもたくさん販売されています。

ホットワイン、ホットビール: ドイツはビールのイメージの人が多いと思いますが、クリスマーケットではビールもホットで!

ザウアーブラーテン(ビーフシチュー): ビーフシチューとは作る工程に少し違いがあるようです。赤ワインとよく合うそう!

フライドバウムクーヘン: バウムクーヘンが揚がっています!トッピングの違いで味のバリエーションが少しありました。

シュニッツェル:簡単に言うと牛カツという感じ。バターで揚げ焼きするそう。ボリュームあって美味しそうでした。

クリスマスグッズは?

今年販売されるグッズについてもまだ発表されていませんが、これまで販売されていたものを紹介したいと思います。

クリスマスマーケットオリジナルマグカップ: 横浜赤レンガ倉庫オリジナルデザインのドイツ製マグカップです!

クリスマスツリーのオーナメント: 様々なオーナメントが販売されています。木製のものと陶器のものが多い印象でした。本格的です!

クリスマスキャンドル: キャンドルもとても雰囲気あります!使わないけど欲しくなる。

クリスマスカード: クリスマスカードはお手頃価格で手に取りやすいです。大人向けなデザインが多かったです。

 

横浜赤レンガ倉庫オリジナルデザインのマグカップは、毎年恒例で販売されています。

毎年デザインが違うから集めたくなる!

1個800円くらいでした。

人気なので1回に購入できる数は2個までと限定されています。

また、1日の販売数も限られています。

 販売場所はイベント会場内のフードブース全店舗と会場内インフォメーションでした。

今年も販売があれば同じ場所で買えるのではと思います。

おすすめ持ち物!

クリスマスマーケットは屋外なので、夜はかなり寒いです!

そして、外で食べるので何かと不便。。

あると良さげなものを集めてみました。

両手があくバッグ:食べ物を買った時に手がふさがりやすいので、斜めがけ出来るバッグだと便利です!

ウェットティッシュ:食べるものにもよりますが、食べる前にも汚れた時にも便利!

ビニール袋:ゴミ袋にもなるし、ジップロック的なものなら残ってもお持ち帰りできます。(ものによりますが)

防寒具:寒い中、鐘の前で写真撮影の列に並ぶのはかなり辛いです。マフラー手袋、ニット帽、カイロの他、マスクも顔が暖かいですよね。落とし物には注意です。

赤レンガ倉庫周辺の見どころ!

赤レンガ倉庫の周りには見どころが沢山あります。

今年もみなとみらい全体でクリスマスイルミネーションが行われます。

また、短時間ですが打ち上げ花火もあがります!

冬の花火とクリスマスの両方が楽しめますよ!

↓花火の日程などについてはこちら↓

横浜スパークリングトワイライトの日程や穴場について!

横浜赤レンガ倉庫周辺のおすすめホテル3選

夜までいるなら、ホテルに泊まるのもおススメです!

せっかくのクリスマスですので、ホテルのクリスマスも一緒に楽しんじゃいましょう!

【おすすめホテル】

「ホテル モントレ ブルーミングタワー 横浜」:みなとみらいエリアに位置する高級ホテルです。

「ホテル ニューグランド」:歴史あるホテルで、洋室・和室を選べます。

「ホテル マイステイズ 横浜」:コストパフォーマンスが良く、清潔感あふれるホテルです。

その他にも、みなとみらいには沢山の素敵なホテルがあります!

以下はみなとみらいで毎年開催されている横浜開港祭の記事ですが、周辺のホテルやレストランについてまとめていますので、こちらも参考にいかがでしょうか↓

横浜開港祭が見えるレストランやホテルについてはこちら

まとめ

横浜赤レンガ倉庫で2023年に開催されるクリスマスマーケットについて調べていきました。

クリスマスマーケットin横浜赤レンガ倉庫のチケットは、大人500円ですがアプリ会員だと300円になります。

小学生以下は無料です。

チケットの購入方法と販売開始日はまだわかっていません。

例年通りだと、オンラインでの購入となりそうです。

アクセスは電車がお勧めです。

夕方になると混雑しますので、混雑を避けたい場合は11時から4時頃までを目安に行くと良いでしょう。

今年のクリスマスマーケットも楽しみですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました