本ページはプロモーションが含まれています

佛教大学学園祭2023のゲストは誰?歴代ゲストやチケットについても!

学園祭

毎年秋になると各大学で学園祭が開かれます!

各大学の学園祭では、有名人やアーティストなど芸能人がゲストとして登場する大学も多く、学生だけでなく地域の方々も楽しむことができるイベントですよね。

毎年どの大学でも大きな盛り上がりを見せる学園祭ですが、今回は佛教大学の学園祭ついて調べてみました!

佛教大学の学園祭「鷹陵祭(おうりょうさい)」では、歴代たくさんの芸能人の方がイベントに来られています。

今回の記事では、そんな佛教大学「鷹陵祭」の歴代芸能人ゲストや模擬店など皆さんの気になることについてご紹介しています。

仏教大学学園祭の開催日程!

日 程

11月3日(金・祝) ~ 11月 5日(日)

会 場

佛教大学紫野キャンパス

昨年、3年ぶりに対面での開催となり、学外の方も入構が可能となりました。今年も、昨年同様対面形式での開催となると思われます。

3日間開催ですが、祝日、土曜日、日曜日という並びになっています。この中でいうと中日の土曜日が一番空いているのではないでしょうか。

仏教大学学園祭へのアクセス!

バスでのアクセス

【地下鉄北大路駅】
北大路バスターミナル
京都市バス 1・北1・北8・204・205・206・M1
佛教大学前もしくは千本北大路下車 (所要約10分)

【阪急大宮駅】
四条大宮
京都市バス 6・205・206
佛教大学前もしくは千本北大路下車 (所要約20分)

【JR京都駅】
京都駅前
京都市バス 6・205・206
佛教大学前もしくは千本北大路下車 (所要約40分)

【京阪出町柳駅】
出町柳駅前
京都市バス 1
佛教大学前もしくは千本北大路下車 (所要約20分)

【JR・地下鉄二条駅】
二条駅前
京都市バス 6・46・206
佛教大学前もしくは千本北大路下車 (所要約15分)

【JR円町駅】
西ノ京円町
京都市バス 204・205
佛教大学前もしくは千本北大路下車 (所要約15分)

仏教大学学園祭のゲストは誰?

今年のゲストは、大人気声優の小野賢章さん江口拓也さんに決定しました!

日時:2023年11月5日(日) 15:00〜
会場:佛教大学 鷹陵館2F
チケット:2023年9月16日(土)昼12時から一般先販売開始
チケットぴあにて販売( Pコード:651297)

 

例年佛教大学では、3日間毎日ゲスト企画が実施されています。

予想ですが、他にもよしもとお笑いライブトークショーの芸能人ゲスト企画が実施されると思われます。

追記:今年もよしもとお笑いライブが開催されます!観覧無料です!

ゲストは、

1日目:吉田裕、レイチェル、エナマキシマ、オノマトペ、ライムギ、ファンファーレと熱狂、鉄人小町

2日目:プラス・マイナス、ジェラードン、セルライトスパ、オーサカクレオパトラ、MCー木尾モデル

日時:

11月3日(金・祝)開場11:30~

11月4日(土)開場11:00~

場所:鷹陵館 2F

 

 

【昨年】
鈴村健一×中村悠一トークショー 1,000円
チケットぴあで販売されていましたよ。

仏教大学学園祭の歴代ゲスト!

昨年より対面式で行われている鷹陵祭。
よしもとお笑いライブやトークショーなど盛りだくさんの企画があります。
では、今まで一体どのような方が来られているのでしょうか。

【2022】
よしもとお笑いライブ
・祇園
・マルセイユ
・パーティーパーティー
・ビスケットブラザーズ
声優トークショー
・鈴村健一
・中村悠一
・安元洋貴
・逢坂良太

【2021】
学内限定配信で実施
お笑いライブ
・四千頭身
・ひよしなかよし
声優トークショー
・森久保祥太郎
・立花慎之介

仏教大学学園祭の模擬店情報!

仏教大学学園祭の模擬店情報!

たくさんの模擬店が出ている佛教大学学園祭「鷹陵祭」。

昨年は、現金や電子マネーは使えず金券での販売となっていましたよ。

・500円1枚綴り
・全飲食物模擬店・縁日模擬店で必要
・代理購入可能
・払い戻しなし
・第56回鷹陵祭終了後、使用機会なし

では、いったいどんな模擬店が出ていたのでしょうか?
塩焼きそば:300円
たい焼き:100円
うどん:300円
フランクフルト:200円
ハッセルバックポテトボール:300円
など

嬉しい価格が目白押しですね!

 

これならたくさんはしごしてもお財布に優しいですね

美味しそうですし、目が飛び出るくらいの価格!

まとめ

今回は、佛教大学の学園祭「鷹陵祭」について見ていきました。

お笑いライブやトークショーなど芸能人ゲストの方が多数来られていました。

コロナ前にも歴代さまざまな芸能人の方が来られていました。

今年も楽しみですよね。

昨年から対面形式に戻りました。

今年は、より楽しむことができる企画やイベントが増えると期待しています。

これ以外にも実行委員会の学生による参加型の企画や課外活動団体によるステージパフォーマンスもたくさんあって楽しめること間違いなしですよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました